2019年1月の館長日記

笑って歌って歌会始め

2019.01.09

今年初めての歌声喫茶でした。

一月一日の歌や日の丸の歌を
みんなで歌いました。

 

毎年干支の歌を探してきてくださる先生ですが
今年は亥年
さすがにイノシシの歌はみつからなかったとのことで
替わりに四季の歌を準備してくださってました。

冬を愛する人は心広き人
根雪をとかす大地のような
ぼくの母親♪

なんて素晴らしい歌詞でしょう。

その他、雪やこんこ、あられやこんこ♪旅の夜風、
たき火などの歌を歌いました。
 

環境汚染の問題などで、今はたき火もできない時代となりましたが
古きよき時代を思いながら楽しいひとときとなりました。
 

七草 なずな

2019.01.07

七草 なずな  唐土(とうど)の鳥が
日本の国に渡らぬ先に♪

こんなわらべ歌をご存じでしょうか

その昔、二人組でつないだ手と手を大きく振りながら
楽しく歌って遊んだ記憶があります。
七草と言われると
せり、なずな、ごぎょう、はこべら
ほとけのざ、すずな、すずしろ
今でもすいすいと口をついて出て来ます。

今日は七草粥でした。
夢館でもお昼に七草粥ご膳のふるまいがありました。
 

お粥ってこんなに美味しいのね
と皆様に大好評でした。
 

地域の伝統を守る

2019.01.06

北川副地区では
毎年この時期に「ほんげんぎょうまつり」が実施されています。
前日から地元の皆さま総出で
百本の孟宗竹を切りだして
やぐらを組み、テントを張り、料理の下拵えなど準備に励まれています。

そのほんげんぎょうに
今年も入居者の方々をお連れして行って来ました。
まだ暗いうちからたくさんの皆様が準備をなさっていました。

お謡いを詠っていただいて
みんなでカウントダウン
いよいよ点火です。
瞬く間に火はやぐらを昇って行きました。

おごそかな気分で迎えられたほんげんぎょうの祭り
地域のこうした行事を守るために
多くの皆様の汗が流されていることを
改めて実感したほんげんぎょうまつりでした。
 

明けましておめでとうございます!

2019.01.01

平成最後のお正月がやって来ました。
夢館でも静かな年明けを迎えております。

正月花も門松もいい感じに飾られています。

栄養部特製のおせちです。
お屠蘇もおせちもとっても喜ばれました。

今朝の出勤前、みんなで佐賀走ろう会に参加して来ましたよ。
走りながら佐賀の5社参り。和気藹々とジョギングして来ました。
夢館の皆様のご健勝を心から祈願して来ました。

今年も元気でスタッフ共々
仲良く頑張ってまいりますので
どうぞよろしくお願いいたします。
 

(C)医療法人 智仁会 夢館. All Right Reserved.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ